[Realm][Swift4対応 完全保存版] 1.CocoaPodsによるRealmのインストールとプロジェクトの作成方法

はじめに

本サイトのアクセスログを見ると、Swiftで使用できるデータベースフレームワーク「Realm」の記事への参照が多いようです。

そこで、もっと詳細な説明を加えた、Swif4向けの完全保存版を作成することとしました。

第1回目となる今回は、プロジェクトを作成し、Realmをプロジェクトに組み込むまでを説明します。

なお、過去記事にてCarthageによるRealmの導入方法について説明しましたが、今回はCocoaPodsによるRealmのインストール方法について説明します。

※筆者としては、CocoaPodsによるRealmの組み込みの方が簡単だと感じました。

なお、CocoaPodsのインストール方法については、「CocoaPodsの導入」の記事を参照してください。

環境

Xcode:9.4.1
Swift:4.1.2
Realm:3.7.4

目次

  1. プロジェクトを作成する
  2. podファイルを作成する
  3. podファイルを編集する
  4. Realmをインストールする

1.プロジェクトを作成する

はじめに、新規でプロジェクトを作成します。

プロジェクトは、Single View AppでもGameプロジェクトでも構いません。Realmを使用することが可能なプロジェクトを作成してください。

ここでは以下のように「RealmSample」というSingle View Appプロジェクトを作成したと仮定して説明をします。

2.podファイルを作成する

プロジェクトの作成が完了したら、Xcodeを一度終了させます。

続いて「ターミナル」アプリを開き、cdコマンドを使って先ほど作成したプロジェクトへ移動します。

次にpodファイルを作成します。ターミナルで以下のように「pod init」コマンドを実行してください。

以上でpodファイルが作成されます。

3.podファイルを編集する

続いてpodファイルを編集します。普段使用しているテキストエディタでPodfileを開いて、以下の9行目のように「pod ‘RealmSwift’」を追記してください。追記したら上書き保存をしてファイルを閉じます。

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target 'RealmSample' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for RealmSample
  pod 'RealmSwift'

end

4.Realmをインストールする

最後に、作成したPodfileを使用してRealmをインストールします。

「ターミナル」アプリでPodfileが存在するディレクトリへ移動後、「Pod install」と入力をして実行してください。

以下のように「Pod installation complete!」が表示されていればRealmのインストールは完了です。

※Realmの使用方法については、本サイトのメニューから[ライブラリ]-[Realm]を開いて参照ください。

次回

[Realm][Swift4対応 完全保存版] 2.モデルの定義

 

“[Realm][Swift4対応 完全保存版] 1.CocoaPodsによるRealmのインストールとプロジェクトの作成方法” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください