[Realm] CarthageとRealmのインストール

Swiftで軽量データベースRealmを使用するにはCarhage(カーセージ)のインストールが必要です。

そこで、Carthageをインストールしてみたので覚え書きとして手順を残しておきます。

2018/07/31追記

RealmはCocoaPodsでもインストールが可能です。

[Tips] CocoaPodsによるRealmのインストール」の記事を追加しましたので、そちらも参照ください。

1.Carthageのインストール

はじめに https://github.com/Carthage/Carthage/releases にアクセスします。

Charthageのpkgファイルがあるので、ダウンロードして実行します。

2.Cartfileの作成

目的のライブラリをインストールするには、はじめにCartfileと呼ばれるファイルを作成する必要があります。

terminal.appを開いて、プロジェクトフォルダへ移動し以下のコマンドを実行します。

touch Cartfile

すると、以下のようにCartfileが作成されます。

Realmのインストール

次に作成したCartfileを編集して、Realmをインストールする準備をします。

Cartfileは以下のように編集します。

github "realm/realm-cocoa"

続いて、terminal.appでプロジェクトのディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

carthage update

成功すると、プロジェクトフォルダ配下に以下のファイルが作成されます。

  • Cartfile.resolved
  • Cartage/Build

プロジェクの設定

続いてプロジェクトを開いてRealmを使用できるように設定をしていきます。

はじめに、プロジェクトナビゲータでプロジェクトを選択したら、「Build Phases」を選択して、左側にある[+]ボタンをクリックします。メニューが表示されるので

Run Scriptの欄に以下を追加します。

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks

Input Filesに以下を追加します。

$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/Realm.framework
$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/RealmSwift.framework

次に「General」タブを選択して、「Linked Frameworks Libraries」の中にある[+]ボタンをクリックします。

ライブラリの選択画面になるので、[Add Others]ボタンをクリックして以下の2つのファイルを追加します。

  • Carthage/Build/(対象デバイス)/RealmSwift.framework
  • Carthage/Build/(対象デバイス)/Realm.framework

 

以上でライブラリの追加が完了です。

あとは、Realmを使用したいファイル内で以下を記述して使用します。

import RealmSwift

“[Realm] CarthageとRealmのインストール” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください