FSCalendarを使用する(2) Tips

前回の記事「FSCalendarを使用する(1) storyboardへの貼り付けと使用準備」で、FSCalendarを利用する準備が整いました。

今回から実際の使用方法について見ていきます。

選択された日付を取得するには?

FSCalendarで選択された日を確認するために、はじめにLabelを1つ配置しておいてください。なお、配置したLabelはアウトレット接続をlabelDateという名前で作成しておいてください。

FSCalendarで日付がタップされた時の処理は以下の関数を使用します。

func calendar(_ calendar: FSCalendar, didSelect date: Date, at monthPosition: FSCalendarMonthPosition) {
    // 処理
}

選択された日付はdate変数に格納されます。このdateをCalendarクラスを使用して年、月、日で分解してからLabelに表示する例を以下に示します。

func calendar(_ calendar: FSCalendar, didSelect date: Date, at monthPosition: FSCalendarMonthPosition) {
    let tmpDate = Calendar(identifier: .gregorian)
    let year = tmpDate.component(.year, from: date)
    let month = tmpDate.component(.month, from: date)
    let day = tmpDate.component(.day, from: date)
    labelDate.text = "\(year)/\(month)/\(day)"
}

2018年2月14日を選択した例を以下に示します。

コードから日付を選択するには?

コードから任意の日付を選択するには、はじめにFSCalendarのアウトレットを準備しておきます。ここではアウトレット名をmyCalendarとしています。

Calendarクラスを使用して選択したい日を作成し、FSCalendarが持つselect関数の引数に渡します。これで指定した日を選択することができます。以下は2018年6月19日を選択する例です。

@IBOutlet weak var myCalendar: FSCalendar!

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    let calendar = Calendar.current
    let selectDate = calendar.date(from: DateComponents(year: 2018, month: 6, day: 19))
    myCalendar.select(selectDate)
}

実行すると以下のように2018年6月19日が選択されます。

スクロール方向を変更する

スクロール方向を変更するには、scrollDirectionプロパティを使用します。既定値はhorizontal(水平方向)がセットされています。

// 水平方向(既定値)
myCalendar.scrollDirection = .horizontal
// 垂直方向
myCalendar.scrollDirection = .vertical

スクロールを禁止する

スクロールを禁止するには、scrollEnabledプロパティにfalseをセットします。既定はtrueなのでスクロールが可能になっています。

// スクロールの許可(既定値)
myCalendar.scrollEnabled = false
// スクロールの禁止
myCalendar.scrollEnabled = false

週表示にする

既定では1ヶ月分のカレンダーが表示されますが、1週間分だけ表示することが可能です。

scopeプロパティにweekをセットすると週表示になり、monthをセットすると月表示(既定値)になります。

// 週表示にする
myCalendar.scope = .week

 

FSCalendarを使用する(1) storyboardへの貼り付けと使用準備

今回は、FSCalenderを使用する方法を見ていきます。

FSCalenderの導入方法については前回の記事「CocoaPodsを使用してFSCalendarを導入する」を参照してください。

Single Viewアプリケーションのプロジェクトを作成して確認していきます。

FSCalendarの配置

はじめにMain.storyboardを表示して、UIViewを貼り付けます。

続いて、貼り付けたUIViewのClassを「FSCalendar」にします。

すると、先ほど貼り付けたUIVewにカレンダーが表示されるようになります。

続いてView ControllerにdataSourceとdelegateを設定します。

FSCalendar上で[control]キーを押しながら、View Controllerまでドラッグします。

ドラッグすると以下のようにOutlets作成用のウィンドウが表示されるので、dataSourceとdelegateを作成します(1回につき1つしか作成できないのでdataSourceとdelgate分の2回実行する必要があります)。

 

この時点で一旦ビルドをしておきましょう。

エラーが出ないことを確認するとともに、FSCalendarをインポートできるようになります。

続いてViewController.swiftを開き、コードを以下のように編集します。

FSCalendarをインポートし、FSCalendarDataSourceとFSCalendarDelegateを継承しています。

import UIKit
import FSCalendar


class ViewController: UIViewController,FSCalendarDataSource,FSCalendarDelegate {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

実行すると、以下のようにカレンダーが使用可能になります(カレンダーのサイズは任意で変更をしてください)。