[Realm][Swift4対応 完全保存版] 1.CocoaPodsによるRealmのインストールとプロジェクトの作成方法

はじめに

本サイトのアクセスログを見ると、Swiftで使用できるデータベースフレームワーク「Realm」の記事への参照が多いようです。

そこで、もっと詳細な説明を加えた、Swif4向けの完全保存版を作成することとしました。

第1回目となる今回は、プロジェクトを作成し、Realmをプロジェクトに組み込むまでを説明します。

なお、過去記事にてCarthageによるRealmの導入方法について説明しましたが、今回はCocoaPodsによるRealmのインストール方法について説明します。

※筆者としては、CocoaPodsによるRealmの組み込みの方が簡単だと感じました。

なお、CocoaPodsのインストール方法については、「CocoaPodsの導入」の記事を参照してください。

環境

Xcode:9.4.1
Swift:4.1.2
Realm:3.7.4

目次

  1. プロジェクトを作成する
  2. podファイルを作成する
  3. podファイルを編集する
  4. Realmをインストールする

“[Realm][Swift4対応 完全保存版] 1.CocoaPodsによるRealmのインストールとプロジェクトの作成方法” の続きを読む

[ライブラリ] CocoaPodsを使用してFSCalendarを導入する

iOSにはCalendarコントロールが提供されていないのですが、MITライセンスのFSCalendar(https://github.com/WenchaoD/FSCalendar/blob/master/README.md)というコントロールがあります。

今回は、CocoaPodsを使用して、このFSCalendarコントロールをプロジェクトに組み込む方法を見ていきます。

※CocoaPodsのインストール方法は「CocoaPodsの導入」を参照してください。

はじめに、新規でプロジェクトを作成しておきます。

次に、ターミナルを起動して、作成したプロジェクトディレクトリに移動して以下のコマンドを実行します。

pod init

成功するとプロジェクトディレクトリにPodfileが作成されます。

作成されたPodfileを開いて以下のように編集します。

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
platform :ios, '9.0'

target 'WorkTimeManager' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for WorkTimeManager
  pod 'FSCalendar', :git=> 'https://github.com/WenchaoD/FSCalendar'

end

Podfileの編集が完了したら、ターミナルに戻りPodfileがあるディレクトリ上で、以下のコマンドを実行してインストールをします。これによりプロジェクトにFSCalendarが取り込まれます。

pod install

ライブラリインストール完了移行は、以下のように「プロジェクト名.xcworkspace」をダブルクリックしてプロジェクトを開きます。

XcodeのProject Navigatorを確認するとFSCalendarが導入されていることを確認できます。