[SwiftUI] プロパティの設定方法

スポンサーリンク
SwiftUI Swift5

前回は、SwiftUI を使用して、画面に「Hello World」を表示する方法について説明しました。

今回は、画面に表示する Text を題材にして、プロパティを操作する方法について説明します。

スポンサーリンク

環境

macOS: Mojave 10.14.6
Swift: 5.0.1
Xcode: 11.0 (110A420a)

スポンサーリンク

目次

  • プロパティの設定
スポンサーリンク

プロパティの設定

前回の記事で説明した通り、画面に表示するテキストは ContentView 構造体(struct)の中で作成しています。

前回の最終的な ContentView のコードを以下に示します。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Hello SwiftUI")
    }
}


表示するテキストを太字にしたり、斜体にしたり、前景色を変更したりするには、プロパティを設定する必要があります。

プロパティは「.」を使用して数珠(じゅず)つなぎに書くことができます。

例えば、テキスト「Hello SwiftUI」に対して、太字、斜体、前景色ピンク、フォントサイズ(タイトル大)に設定するには、以下のようなコードを書きます。

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Hello SwiftUI")
            .bold()                     // 太字
            .italic()                   // 斜体
            .underline()                // 下線
            .foregroundColor(.pink)     // 前景色
            .font(.largeTitle)          // フォント(タイトル(大)サイズ)
    }
}


実行例を以下に示します。

プロパティを設定した Text
プロパティを設定した Text

上記で紹介したように、Text には様々なプロパティがあります。この他にも設定可能なプロパティがありますので、機会があれば紹介をする予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました